So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツの話 ブログトップ
前の10件 | -

雑感(2015年9月24日) [スポーツの話]

本日は小布施で栗御飯を食べて来た。9時過ぎに家を出て伊香保経由して草津へ。上からバイクが続々降りてくる。一番良いシーズンだし当然か(^_^) 草津の道の駅は、満車状態。トイレだけを済ませ先を急ぐ。すれ違うバイク、ヘルメットから覗く顔は爺いばかり(^.^) 皆さんお元気だ。駐車場で見るお姿は締まりのないお腹と、薄くなった頭頂部!オイラも人様にお見せできる姿ではないが(^_^)

若者には自転車が流行ってそうだ。普通の女子っぽいお姉さんが懸命にペダル漕いで、もう少しで国道最高到達点に差し掛かろうとしている男女のカップルを二組目撃!「頑張れ!」と心の中で応援しておいたが、自転車の性能も上がっているのだろうが、正直その脚力にはビックリだ(^^)
image.jpg

白根山の御釜は火山活動活発化に伴い登山は禁止、駐車場への出入りも出来ず道路は駐停車禁止となっており監視員が常駐しチェックされている。そんなのもあって一気に小布施へと向かう。相変わらず小布施は混んでいる。いつも使う駐車場は北斎館が拡張されたせいか狭くなってはいたが場所は確保できたので、ひと安心(^^) お目当てのお店は1時間待ちだったのであきらめて、もう一軒別の店で予約。栗おこわの栗が甘くって美味しい( ^ω^ )
image.jpg

いったいどうしたのか?栃煌山。大関の声が聞こえた瞬間にメンタルが崩れていく。3連勝の後5連敗。今日の鶴竜はさらに上を行く掟破りの変化してのはたき込み!お前は前頭筆頭クラスの力士か?横綱の矜持はないのか。いよいよ照ノ富士の強さ全開。稀勢の里を寄せ付けなかった琴奨菊を子供扱いにした強さは本物だ!土曜日には優勝決まりそうな展開で、こうなりゃ白鵬との勝負を早くみて見たい(^_^)

19年間の選手生活にピリオドを打った小笠原道大41歳。昨日の巨人戦、0ー4!引退試合で負けたのは残念だが、両チームの選手から胴上げされて幸せそうだった。常にフルスイングで観てて気持ちの良い選手だった。最後の打席もフルスイング!良い引き際だと思う。何と言ってもFAで結果を出した数少ない選手。両リーグでMVPは立派な活躍だ。打率311、2119本 、378本塁打 、1168打点。本当にお疲れ様でした。
和田一浩 打率303、319本塁打、1079打点。谷繁 元信44歳 打率240 2107安打 229本塁打 1039打点。 彼の場合、出場試合数日本一!扇の要を守り続けた守備の人。落合との不仲が騒がれちゃいるけど勝負の世界、勝たん事には何言われても仕方ねえ。
谷佳知 42歳 1973年2月9日生まれ 打率297 1923安打133本塁打738打点 彼の場合イチロー(1973年10月22日生まれ)、田口壮(1969年7月2日生まれ)と組んだ鉄壁の外野守備が一番ですけどね。高橋尚成42歳、79勝73敗 東芝から巨人そしてメジャー!DeNA で日本復帰したけど勝ち星はつかず。同じメジャーでも格の違う成績を残した斎藤隆45歳。メジャー7年で84セーブ、防御率2.34は立派な活躍だ。三浦も斎藤と同級生、彼もいつまで出来るのか?西口文也42歳182勝118敗、2年間勝ち星が無く、200勝には届かなかったが、西武を代表する投手。ついでに森本稀哲(ひちょり)34歳、 905安打 打率259 33本塁打 267打点。今年辞める選手は多い。高橋由伸だって怪我との戦い。選手の引き際は難しい。

スコットランド戦!やはりデカイ相手と対峙し、その強いプレッシャーの中でミスをせずに80分プレーし続けるのは半端じゃ無い(。-_-。) 相手は初戦で体力十分、且つ日本を十分に警戒して臨んで来てた。ここからが本当の日本ラグビーの正念場!自分たちがやってきた事を信じて、勝ちに来てる大会なのだから残り2戦出し切りましょう!
オイラはタックルするのもされるのも怖くて勇気が持てずに根性なしで退部したインチキラガー!身体の小さい軽量選手が牛馬以上の赤鬼クラスの選手の突進を止めるのは生半可な勇気や技術では止まらないのは、よ〜くわかっとります。それでも1人がそこを突破されればボロボロに引き裂かれるのは必定。二人、三人でカバーしつつ集中力を切らさずに「ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン」(一人はみんなのために、みんなは勝利のために) 。それって相手も一緒なんだけどね(^.^)

今週は残り2日!休み明けが給料日と言うのは嬉しい気がする(25日だと思ってたけど悲しい勘違いで明日でしたm(_ _)m)。お仕事頑張りますべ!(^_−)−☆

雑感(昨日の日曜日) [スポーツの話]

昼前のBSで昨年5月放送分の再放送「知られざる絆」の最後の方を少しだけ見ることが出来た。松井と黒田がスタジアムで18.44mの距離で対峙していた(二人とも笑顔なので対峙という表現は当てはまらんけど)。1974年6月12日生まれの松井と1975年2月10日生まれの黒田。ともにメジャーでもスーパーな野球人と認められた同級生。黒田で思い出すのは、広島ファンが彼のFA騒動が起きた時の横断幕の文言。
「我々は共に闘って来た 今までもこれからも… 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる Carpのエース 黒田博樹」
選手冥利に尽きるでしょ(^.^)「君の涙になってやる!」こんなメッセージ受けて広島以外の球団には戻れんですわ。今年もメジャーで二桁勝利は計算出来ると認められ十数億のオファーを蹴ってまで広島に戻る決断をした好漢黒田!今シーズンはたとえジャイアンツ戦といえども、彼を応援せんわけにはいかんわな( ^ω^ )

対する松井!長島、王の系譜に続く若者も40歳。日・米で常に勝つ事を義務付けられたチームの主軸として大活躍した勝負づよいバッター。松井と黒田に共通するのは恵まれた体力はもちろんだが、何より勝ち負けよりも「真摯に自分と向かい合い、常に全力で臨んでいたか?もっと出来ることはなかったか?」と云う向上心の強さじゃなかっただろうか。「こいつが、どの面下げてメジャーかよ!」と思ってた選手は皆、未使用ポンコツみたいな感じで戻ってきた。自分を高く売る事は当然ではあるが、ポンコツのくせして銭にだけはうるさいとしか映らぬ選手もちらほら。そんな輩とは一線を画する笑顔の二人。ホンモノは実に清々しい。どんな話があったのか、頭っから全部見れれば良かったのだが実に残念。彼らがいつの日か監督として戦う姿があるのなら、とても嬉しいと思う( ^ω^ )

二人の会話中静かに流れるBGMが心地良い。映画「サイダーハウスルール」のテーマ曲。CMや街中でも時々耳にする事も多い曲だ(^_^) 作曲はレイチェルポートマン、ラッセハルストレム監督の映画では良く見る名前だ。

余談だけど、レイチェルポートマン繋がりで書けば、今、「これは観てみようかな」と思わせてる作品で「おみおくりの作法」2013年英伊合作映画 ヴェネチア映画祭で評価された作品。その映画音楽も彼女が担当されてる。群馬では2月28日からシネマテークたかさきで上映予定。レイチェルとは無関係だが、もう一本は見逃しちゃいけないクリントイーストウッド監督の最新作「アメリカン・スナイパー」が2月21日から。

<追記>昨日の稀勢の里vs日馬富士は酷かった(。-_-。) 前日に鶴竜に完勝した力士が、のど輪押さえつけられて、後ろ向きにひっくり返されるなんて…あんな負け方は、差がありすぎるでしょう(>_<) 千秋楽の白鵬はと見れば盤石の取り口で最後は頭をつけて押し出す!あんな相撲を横綱が取るんだもの。稀勢の里さんムラがありすぎ!今年は白鵬全部勝つんじゃねぇーの!

黒田が広島に戻って来る(^.^) [スポーツの話]

サムライだね!最後は広島を選択した( ^ω^ ) カープに対する強い想いを感じますわ!一年でも二年でも現役続けて欲しい、お手本のような選手。来季の広島は前田と黒田の二枚看板に大瀬良、野村、バリントンに中田、永川、一岡、ミコライオ。ゲーム作れるっしょ(^_^) 実に羨ましい。世界ナンバーワンのピッチャーが愛してやまない球団が広島!羨ましいッス( ^ω^ ) カープ女子に通じるモノがあるのかもね。それに引き換え我が巨人軍(>_<) 金はあっても愛が無い。愛はあるんかもしれんけどナベツネさんのイメージなのか下品ですわ。フロントに問題があるんでしょうな。清武みたいな腐ったオヤジもおったしね。まずは投手がおりません。菅野以外は安心感ゼロで(>_<) 杉内、大竹、なんといっても内海が苦しい。18,15,13と勝ち星を毎年減らし続け今年は7勝9敗。澤村も11,10,5,そして今年も5勝。投手力は年々ジリ貧になっているのが伺える。来季は澤村を後ろに持ってきて西村を前に持ってくる?微妙です。マシソンも頑張っちゃいるけど。「一に金、二も金、三も四もまた金」天才バッター、名将であるはずの落合博満を好きになれないのは、その辺りか。

女子フィギュアで宮原和子さんが見事優勝した。今回の全日本はすっかり様変わりしたようで13歳,16歳、18歳。凄いですわ(^.^) この他にも本田真凛ちゃん等もいるわけでしょ!樋口新葉ちゃんのジャンプの技術は高い。オイラ的にはエキゾチックな本郷理華ちゃんにスケールの大きさを感じて応援してたんだけど宮原さんにあれだけの演技をされたら2位もやむなしです。日本も底上げされてそうだけど、ロシアの3人娘もレベル高いし真央ちゃんが復帰しても世界チャンピオンにそう簡単にはなれない感じだもんね( ^ω^ )

サッカーはガンバの三冠で終えました!お見事でしょう( ^ω^ ) とっくに優勝してもおかしくないチームがいたのに、もたつく間にスルスルっとね。監督の力は大きいと思いますわ。代表監督にもチャレンジ出来るんじゃねぇ〜のかな。鹿島はあの戦力で良く善戦したと思うぞ。来季、小笠原達ベテランも体力と相談しながらだけど技術と鹿島イズムの伝承を継続させて若い選手の底上げをし、優勝戦線に名乗りをあげて欲しい。でも来季は2シーズン制だっけか?盛り上がらん気がするけど…

さて、明日は何して時間潰すべか?年末まで3日間。今年はちょっと時間余り過ぎじゃねぇ〜ですか(>_<) 時間持て余し気味で(^_−)−☆




雑感2014年10月30日 [スポーツの話]

先日壊れたゴルフシューズ「無償修理完了しました!」と連絡が入ったので取りに行って来た。ダイアル部分を交換したわけでもなさそうだったが、ジーコジーコ締まるのは確認出来た(^.^) 次にまた壊れることを想定して対策考えとかんといかんかなぁ〜(。-_-。)

さっきソフトバンクホークスの優勝シーンを目にすることが出来た。9回裏1アウト満塁、出たランナーは全てフォアボール!迎えたバッターは西岡、ボールが先行し流れは阪神に見えたけど球威が優ったかファーストゴロ、日本シリーズの幕切れとしては実に珍しい「守備妨害」での幕切れ!チームを率いて6年で2度の日本一!奥さんを看病したいと、今年で勇退を決めた男秋山監督が福岡のファンの前で10度宙に舞った。続いて孫オーナーが胴上げされ、超嬉しそうな顔が意外だった。この人、野球が好きなんだな( ^ω^ ) 選手を迎える先には王さんも。良いチームだと思う。この場にジャイアンツが出れなかったのは非常に残念だが、やはり菅野が居なかった穴は埋まらず。もう2枚ピッチャー居ないと無理でしょ。

サッカー浦和に勝ち切れず。小笠原世代から、やっとこさ若返れそうな気配だけど大迫出した穴が埋まらず。代わりに好調だったダヴィは全治8週間?こうなりゃさらなる若返りで豊川に頑張ってもらわんと。浦和はマリノス、ガンバ、グランパス、鳥栖を残しており、場合によってはもつれる展開。我が鹿島は新潟、セレッソ、鳥栖。全部勝つのが絶対条件だけど難しそうだ。ついでだが今年は降格争いもしびれる戦いが多い。オリジナル10を死守出来るのか清水エスパルス。おそらくセレッソ大阪VS大宮アルディージャ戦が肝になって来そうだ。

いよいよ11月が見えてきた(。-_-。) すっかり朝の冷え込みがきつくなって来て、「まさか今年もドカ雪なんて事ないだろうね?」なんて話題も出て来てるし、ホームセンターのチラシには雪かき用のスコップが「備えあれば……」と載っけてある。長靴と合わせて一個くらいは雪かきセット必要?と思案中だ(^_−)−☆

雑感(2014年9月21日) [スポーツの話]

9月も残すは実働6日!やることは多いけど時間が足りないような。準備不足か(>_<)

大相撲
 新入幕の逸ノ城(21) 勝ちっ放しで7連勝はならず 勢関に上手投げで敗れはしたものの負けて尚強しの相撲!この子は凄い魅力的ですわな。多分同年齢の頃の白鵬よりも強いんじゃないのかな。怪我もしそうじゃないし来年には横綱になってそうな気がするけどどうだろう(^_^) 今場所注目してたのは同じモンゴルの照ノ富士だったんだけど前頭筆頭で初日の琴奨菊戦、あの図体で飛んだのにはビックリしたが、この子は考えを改めんとダメだぞと心配したとおり今日、もう一人の注目力士、常幸龍に寄り切られて6連敗。身体に恵まれてここまで来たが、ここから上を目指すには舐めた相撲はせん事だ。ちなみに遠藤もダメだな!負け方が前のめりで脆い。稽古不足なのだろう。この子も人気あるしモテそうだし学生横綱で鳴り物入りで入って来て誤解してなきゃ良いけど。相撲人生は短いのだから、死ぬほど練習した者が生き残るわけで。

毎度のお話で稀勢の里!二日目に碧山にはたき込まれて一敗。相変わらず下位の力士に取りこぼす(。-_-。) 立会いも息が合わずバタバタした雰囲気で不器用さが顔を出す。何にしても、まだ一敗。日馬富士は怪我で引っ込んだのでチャンスはゼロじゃない。残る2人の大関もイマイチなのだから執念見せてくれ!でも今場所は鶴竜が調子良さそうなんだよね。あの子も横綱になって結果出してないし期するものはあるんじゃないの。まぁ台風の目は逸ノ城である事は間違いないと思うけど。

プロ野球
セ・リーグは、あの手薄の投手陣で 大丈夫かと気を揉んだけど、防御率トップと云うのはビックリだ。イメージありませんけど。マシソンがセーブ29?ストライク入らないのにね。打線はお寒いリーグ最低打率。それでもマジック点灯してるんだから不思議だ。勝ち星だって広島阪神に二つ勝ち越しヤクルトに3つ、中日に7つ。驚くのはDeNAに1つ負け越してる事だ。そんなんで貯金21。まさに交流戦さまさまですわな。星をカウント出来たのは菅野だけで、大竹、杉内、内海がイマイチで…強いてあげれば小山の成長と打線ではアンダーソンが居てくれて助かったかな。
パ・リーグはソフトバンクとオリックス。防御率ダントツのオリックスだけど、どうなるか?パ・リーグ上位3チームは走る野球が徹底されてて下位チームと機動力の差は歴然だ!今のままでは上位と下位のバランスは崩れそうに無く。楽天もマー君の抜けた穴は埋まらんかったですな。

メジャーでは黒田にいよいよ引退の文字が見えてきた。サムライだものね。引き際は心得てるでしょうから。オイラは最後の一年は広島で終えて欲しいと思ってたけど、無理なら指導者としてどうだろう。イチローもヤンキースで終わるのか。超一流の選手である事は間違いないけど残念だったのは優勝を経験出来たのは一年目のみ。今、イチローが高齢化して生え抜き選手のいなくなってきた常勝ヤンキースの中で楽しく過ごせているのか?出場機会を求めて他に移るのは彼の選択肢にはないのかな。マー君は結局肘を手術しないのか?来年投げられる保証は何処にもないのにね。上原も歳だし、ちょっと心配かな。

サッカー
浦和が良い感じで走ってる!アントラーズもまだまだチャンスはあるはずなので泥臭く粘って粘ってひっくり返して欲しい!
岡崎!結果を出してるよね(^_^) 彼はブンデスの中でもPK蹴らないフォワードなので、その中でのゴール数はトップクラスでしょ。彼の進化が一番凄いと思いますよ。広島の佐藤もそうだけどホントに泥臭い!でも一番カッコイイと思うよ(*^o^*)

ゴルフ
国内は、そろそろ賞金の高い大会が増えて来て海外の強い選手も来るし松山、石川も参戦して賑わいそうだ。男子プロは大会数減少してるし賞金稼げる機会減ってるわけだから盛り上げて欲しいよ。特にゴルフそのものが団塊世代のリタイアと少子化でゴルフ人口減少が問題視されてて閉鎖に追い込まれそうなゴルフ場が500ヶ所ほどあるらしい。女子プロは少し賑やかになってる雰囲気は感じるけど海外メジャーで勝てる選手が、そろそろ出て来てくれないと盛り上がらないでしょ。オイラの通ってるゴルフ場も土日ガラガラで、場所を変えても70台のカップルが60台のカップルと楽しげにプレーされてる程度で「若者は何処で遊んどるのじゃ!」てな感じですわ。値段下げて料理良くして面白い企画立てても老人ばっかりじゃ先細りだもんね。アメリカの中継みてるとギャラリーの多さに目を見張るもの(^_^) 老若男女がワンサカ居て。生活に溶け込んでる感じしますわ。多分プレー費が安くて、どこでも出来る環境があるんでしょうね。オイラの通ってるゴルフ場は潰れずに残って欲しいけど、どうでしょう?

アジア大会
相変わらず韓国は自国開催の利を得ようと、他国選手の練習環境に規制を加えたりと尻の穴の小さい器量を示している。特に柔道はロシアの世界選手権に選手を派遣せず今回の仁川大会に焦点を当てて来た。なんちゅう国か?と思ったが結果は日本選手に連続して敗退していた。「そういうもんじゃろ。ギラギラして空回り、反則負け寸前の力技、ゴリゴリ押し込むだけでは勝てんじゃろ」しかし勝ちにこだわるハングル精神には恐れ入る。レスリングの吉田 沙保里(よしだ さおり)さんが若いトップアスリートから「どうしたら、そんなにメンタルが強いのですか?」と問われ誰にも負けない練習をしているから私は負けない!といったようなニュアンスで答えていた記憶がある。絶対的な身体能力に加えシンプルな思考回路、究極のプラス思考!彼女は実に明るいのだ。きっと良いお母さんになると思うし良い旦那様に巡り合って欲しいけど今はリオデジャネイロまで封印なのかな(*^o^*)

鬱陶しい夏も終わりスポーツの秋真っ盛り!それぞれの選手たちも今年一年の集大成を出す季節。「強い奴が勝つのでは無く、勝った奴が強いのだ!」TBSのスポーツアナが言ってたけど、その通りだ。仕事もそうだけど、練習は裏切らないのだ!準備が全てだね(^_−)−☆


昨日の [スポーツの話]

王子谷 剛志(おうじたに たけし) 東海大3年生。見事な一本勝ちだった。日本柔道界を背負って立つ若手の登場だ。とはいえ100kg、100kg超級の選手の層の薄さが目立つ大会になってしまった。上川も原沢もイマイチ勝ちきれない(。-_-。) 日本柔道の壁、世界選手権4連覇中のテディ・リネールに勝てるとはとても思えず。204cm130kgであのスピード!いっそのこと石井に出てもらってはどうか?本人にその気がなければ無理だが。今回の全日本は無差別での大会。80kg世界代表の永瀬。王子谷に準決勝で負けたが体重差を考えれば立派なものだ。逆に言えば100kg級にたいした選手が居らんと言うことでもあるが。

巨人の菅野、9回表でバレンティンを三振に取った所で勝ったと思ったが、勝負は下駄を履くまでわからない。まさかの逆転スリーラン(。-_-。) さぞかしがっくりしたろうに。投球数120球程度。抑えにしっかりしたのがいれば任せられるのにね。今年の巨人の辛いところですわ。バッターも阿部が抜けると軸がポッカリ空くような気がして。実際知らない外人が頑張ってくれてるので勝ってはいるが菅野、大竹でしか試合を作れていない。あとの先発は内海、杉内と左の2枚が怪しい。やっぱ野球はピッチャーなのだ。今の巨人軍、先発に中継ぎも抑えもイマイチ不安で。それに比べると広島は安定した投手陣!大竹の人的保障で広島に移籍した一岡が素晴らしい活躍をしているのを見ると複雑な気になるが、一岡には古巣との戦いには容赦無く己が実力を見せつけてやれ!と応援したい。侮れないのは野手の活躍だ。こんなに打線が活発だったっけ?ジャイアンツも交流戦で左の2枚に復活してもらわんと正直カープが鯉のぼりたたむ時期過ぎても走って行きそうでヤバイ(~_~;)

鹿島は清水に2-1で勝利!良い感じだ(*^o^*) 先日広島に何期ぶりかで勝利したのが大きい。とにかくチームの選手が若いので勝ち続けることが一番の強化策。小笠原を生きた手本とし柴崎以下が鹿島のサッカーを継承し始めているようで頼もしい。まだまだ若いチーム!若手の伸び代がどれほどかが夏場以降キーになりそうな予感がする。今年はワールドカップイヤー!なんとか上位で勝ち残り、また黄金期を迎えてもらいたいと願うばかりですわ( ^ω^ )

昨日映画でもと映画館に出かけたが、ものすごい列で並んでた。「アナ」か「デルマエ」か?多分両方なんだろうけど。デルマエは草津でロケしとるし群馬県民は少しでも恩返しせにゃならんしな(*^o^*) TV見てたら字幕が出てカラオケが流れるのか映画観てるお客さんが皆して歌ってた。人の下手な歌を聞かされるのか?と思うとDVDでも借りて来て観てみようかと思ってしまった(; ̄ェ ̄)結局あの列を見たら観る気も薄れたので長崎チャンポン食べて、ついでに5本指の靴下4足購入。

いよいよ4月も終わる!相変わらず24時間の経過するスピードの早い事(。-_-。) 一日一日を無駄にせぬようと思いつつ、横になったら秒殺で寝てる( ^ω^ ) まぁ良いんじゃないでしょうか(^_−)−☆

人的補償ねぇ〜(。-_-。) [スポーツの話]

今日、行きつけの病院さんの玄関前で焼き芋屋さん発見!20年くらい買った事ねぇなぁ~(^ω^)
軽トラの荷台に釜載せて薪(まき)を焼(く)べてた。冬場の繁華街の帰り道。ブカブカのワタリガニ買わされたりしたのを思い出す。買う気はなかったけどおっちゃんと目があったもんだから聞いてみた。「大きいのが500円、小さいのが300円!買ってよ」って言われたんだけど後ずさってしまいましたわ(^_^)

さて、人的補償!ジャイアンツの話なんですけどね。困りましたわ。強かった頃のイメージでいえば2番セカンド。当然土井さんのイメージですわ。出塁率が高く足の早い柴田のような選手をきっちりバントで送る。川上野球には欠かせない打順とポジション。センターラインを見渡し複雑なフォーメーションを瞬時に無駄なくこなす。派手さは不要。いぶし銀のようなプレー。地味だけど近代野球の要。その重要なポジションなのにジャイアンツでは育っていない。だからこその補強なんだろうけどね。井端に片岡、二人とも球界を代表する二塁手だとは認めるけど、井端も中日におんだされた選手だし片岡だって、この3年は峠を降り始めてる選手に見える。そんな彼に8番を用意するの?

広島から大竹?先発居ないのは間違いないけど、その代わりに人的補償で若手を出すのは偲びないでっせ。今のセカンドは定着しとりませんので中井に脇谷、寺内、藤村、立岡。二塁に関係ないけど大田、橋本、矢野、松本の外野手。誰にプロテクト掛けるんか知らんけど勿体無いですわ(。-_-。) 杉内に5億払う?4年総額20億が条件とは言えこちらも勿体無いですわ。

金満球団ねぇ〜(−_−;)企業努力なんだけど、自力で育てるのではなく出来上がった選手で勝ち続けるってのも、ちょっとね(。-_-。) もちろんFAで「こいつは頑張った!取って良かった」って選手は数少ないし大体不良債権なのがほとんどだもの。最近当たったのは小笠原くらいじゃないかな。彼も中日!中日は嫌いだけど小笠原だけは往年のフルスイングでかっ飛ばして欲しいよ。

それにしても人的補償へのプロテクト!誰に掛けるんか?3人がダメとは思わないけど、絶対必要か?居なくったって優勝してるじゃん(。-_-。) 生え抜きの選手を育てる努力しなくちゃダメだと思うし、余分な選手取って優秀な若者を出さにゃならんちゅうのも本当に切ないですわな(。-_-。)

期待しても良いのかな(^。^) [スポーツの話]

昨日、欧州遠征メンバーが発表された。あんまり代わり映えせんけど、どうなんでしょうね(^。^)

オフト、ファルカン、加茂、岡田、トルシエ、ジーコ、最も期待したオシム、二度目の岡田、そしてザック。監督さんが代わるたんびに期待値が上昇し、今じゃアジアで勝つのは当たり前!選手の口からも景気の良い話が飛び出す始末。そういう心意気は重要だしモチベーションの高め方としては有りだと思う。次の欧州での親善試合ではひらめきある戦い方に期待したいけど、どうなんでしょう?あのオランダとベルギーとやるんでしょ。セルビア、ベラルーシどころじゃないチームで何点取られるのか不安だけどね。ほとんどのゲームに出れていないしベンチ入りすら出来ん状態だった吉田は、先日久々に出て、おまけに得点までしたけど、今の状態で崩壊した守備の固めが出来るとは思えんけどね。今野もベテランでユーティリティ度は高いけどJ2で失点43もしとるチームのDFなんだけどね。マリノスやセレッソ、サンフレッチェ(ここは外人さんが強いんだけど)のDFのほうが失点は明らかに少ないのに使わないんだよなぁ~(>_<)

ザックと直接関係ないけど、U-17が世界で驚きをもって迎え入れられたらしい。メディアが踊らされているだけではないのかと不安になる。煽りすぎなんじゃないの。それが証拠に決勝トーナメントに上がればボールポゼッションは7割超えて圧倒的に支配してるのに1-2。負けは負けですわな。時間つぶしのパス回しと言われても仕方ない気はするけどね。パス回しに疲れて来た頃にボールカットされてドスンと一発放り込まれてジ・エンド!ザックジャパンと同じ課題があるって事だよね。

否定ばかりするのは、頑張っている選手・コーチ・監督さんや協会スタッフに失礼だとわかっちゃいるけど、なんかね。それが実力差と云われりゃそれまでなんだけど、なんかひと工夫あっても良いように思えてね(-_-;)
とっても寂しいっす(=_=) 
1-soccer1.jpg



続きはありますけど無駄に長いだけの愚痴ですわ。スイマセン。備忘録のつもりで纏め記事です(^_-)-☆

続きを読む


どうしてもと云う思い! [スポーツの話]

見事な勝利でした!素直に「おめでとう!」と祝福します。(^_^)
流れはジャイアンツに傾いていたはずなのにね。選手登録見た時に強烈なメッセージ楽天にはあったよ!美馬でいけるところまで行って則本、最後は田中だ!っちゅう強い気持ちが星野さんにはあったな。対するジャイアンツはどうか。杉内?力なく2イニング持たずに引っ込んだ選手に最終戦を任せる?「次こそは頼むぞ!」と言う気持ちに応えられたか?多分、楽天の選手には全員感じたが「どうしても勝つ!」って気持ちがジャイアンツからは伝わってこなかったように思う。もちろん、そんな選手などいないとわかってるんだけど個人対組織だったような感じだよね(。-_-。)

中途半端な杉内のピッチングに、巧くなったとは言っても守備に不安のある坂本。どこかで氣の抜けたボールで一発を供給する沢村。なんと言ってもジャイアンツの主軸にバッティングをさせなかった楽天バッテリーの勝利でしょう!田中の勝負にこだわる気持ちの強さこそ日本一にふさわしい勝者のメンタルでした。素直に脱帽です!誰もが一番納得出来た結果だと思いますわ(^_−)−☆

若武者 [スポーツの話]

『命をかけるというほどの思いがあってはじめて、いかなる困難にも対処していく力がわいてくる』 (困難への対処)

昨日の朝、全米オープンゴルフ観てから大慌てで出社!無事遅刻もせずに到着(^。^) フィル・ミケルソン!世界ランキング10位。既にメジャーを手中にしている超一流のプロだが何故か全米は5度の2位(2位五回も凄いけどね(^。^))。左利きの選手が一度も勝てていない大会でもあるんだけど。最終日首位でスタートし今度こそはと応援してたけど残念ながら今年も6度目の2位タイ。まぁ~4日間大会で誰一人アンダーパーがいないのも凄いけど、そんな凄いコースで若武者がやってくれました(^^♪ 本日のベスグロ!今、自分に出来る事を精一杯やりきる!松山英樹君。彼が今回の全米オープンに掲げた目標は予選通過!通過出来たなら次はベスト10!明快でシンプル。あの難コースを「失うものなど何も無い!行けるところまで行く!」そんな意思を強く感じたね。あの子は石川君とは持っている質がちょっと違うようだ。タイプは違うけど二人とも切磋琢磨してどっちが先にメジャーを掴むか競争して欲しいよね!

こちらは若武者ならぬ影武者。いや落ち武者かもしれませんな(=_=) 「我々は勝ちに行く!」なんて言ってた割りに"蛇に睨まれたカエル”になってしまったザックジャパン。選手が浮かれていたわけじゃないと思うけど少し空回りしたのかもね。

『一所懸命やっているのに、それでもうまくいかないと嘆いてはいないか。本当にそのことを成そうと考えるなら、その一所懸命をつき抜けるほどの努力をせねばならないのである。』(一所懸命)・・・この言葉、割と好きですな(^^♪

2012年10月16日 日本はブラジルに0-4で敗戦 前半12分にパウリーニョに23mの距離からミドルで失点。ネイマールにPK決められ後半開始直後3分にも一発。同31分にカカに15mのダメ押しを喰らってる。当時ザックは「今日の試合は日本に様々な経験をもたらした。今こそ改善できることについて考えるべき。2年後にトップレベルに食い込んでいるかと聞かれれば、そう言いきれない。」と述べている。あの時は親善試合だけど今回はガチンコだ。親善試合の時のブラジル監督は、とっくに首になっている。

今回地元開催を受け酷いゲームは出来ず慎重にゲームに入ったはずのチームだけど、隙あらばどこからでもと絶対的な格の違いを見せ付けた。やはり個の力は歴然としている。なんちゅうの?積んでいるエンジンがまるで違うような、そんな差を感じましたわ(=_=)
日本選手達はどう思ったんだろうね「事故だ!」「あれは仕方ねぇ~よ。切り替えよう!」てな感じかな。のらりくらりと省エネのサッカーやられて前半終了。後半開始直後にも瞬間トップギアに入れるんだろうけど「ここぞ!」の場面であっさり決めてしまう。ディフェンスの穴が見えてるんだろうね!そのあとも省エネで流し最後の最後に二人で決めてしまうダメ押しの一発を喰らい、何一つ結果を出せず解けぬ過去問題と言える課題ばかりが目立った残念なゲームとなってしまった。

キャプテン長谷部は前回のブラジル戦で守備に関しては手ごたえがあった。」とコメントしている。何の手ごたえか?前回本田は「点差ほどの差はないと思っている」と答えたが今回もそう思うのか。遠藤がボールを持たせてもらえる事も少なく、香川はクルクル回っているだけにしか見えず。岡崎は倒れこみが多すぎだ。前回もそうだったがミドルレンジから狙って打たれるコースを作られているようでは無理でしょ。DFも世界に出て強烈なFWと対峙して経験を積むべきなんだと思うけどね。まぁ~雇ってもらわないとどうしようもないけどね。

前回の負けを経験として取り込めていたのか?ザックに日本人にしか出来ないプレースタイルで世界の頂点にどうやってたどり着こうとしているのかビジョン、戦略はあるのだろうか?絶対的なフィニッシャーがいなければ、どうにもならないし、フォワードがいてこそ香川も生きるのであって、今の日本には香川の居場所はないような気もする。世界の16本と伍していく為には、どうすれば良いのか?フッキの身体能力を持つ日本人選手など今すぐは無理な話だ。あれほどのキック力を持つ日本人など出てくるなんて夢のまた夢だろう。まるで豹のようなネイマール。彼らのような日本人選手が出てくるとすれば、甚だ不謹慎だが彼らを大好きだという日本女子に頑張ってもらうしかあるまい(冗談ですけど)。現時点で可能性があるとすれば俊敏なバネを持つ小回りの効くスピードを持った選手!ディフェンスの裏にするするっと入り込める視野の広い選手(例えば宮市とか)を使ってみては。当然アジアとは戦い方を変えなきゃいかんでしょ。アジア枠の為にもなんとか死に物狂いで残る2戦!目を覚まして闘ってもらうっきゃないでしょうな。

なんにしても前回の負け方と同じでは、「何をしに行ったの?」という事だろう。オイラは今回のチャレンジで全敗でも仕方はないけど、その代わり強力な格上のチームからいかにして点を取るのか?を命題に何点取られても畏れず攻め続け1点を取るゲームに集中して欲しかったんだけどね。このまま1点も取れず下を向いたままのチームだったら、そのときは落ち武者ザッケローニは解任てな事になりそうだ(^_-)-☆

前の10件 | - スポーツの話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。