So-net無料ブログ作成
検索選択

雑感2014年10月30日 [スポーツの話]

先日壊れたゴルフシューズ「無償修理完了しました!」と連絡が入ったので取りに行って来た。ダイアル部分を交換したわけでもなさそうだったが、ジーコジーコ締まるのは確認出来た(^.^) 次にまた壊れることを想定して対策考えとかんといかんかなぁ〜(。-_-。)

さっきソフトバンクホークスの優勝シーンを目にすることが出来た。9回裏1アウト満塁、出たランナーは全てフォアボール!迎えたバッターは西岡、ボールが先行し流れは阪神に見えたけど球威が優ったかファーストゴロ、日本シリーズの幕切れとしては実に珍しい「守備妨害」での幕切れ!チームを率いて6年で2度の日本一!奥さんを看病したいと、今年で勇退を決めた男秋山監督が福岡のファンの前で10度宙に舞った。続いて孫オーナーが胴上げされ、超嬉しそうな顔が意外だった。この人、野球が好きなんだな( ^ω^ ) 選手を迎える先には王さんも。良いチームだと思う。この場にジャイアンツが出れなかったのは非常に残念だが、やはり菅野が居なかった穴は埋まらず。もう2枚ピッチャー居ないと無理でしょ。

サッカー浦和に勝ち切れず。小笠原世代から、やっとこさ若返れそうな気配だけど大迫出した穴が埋まらず。代わりに好調だったダヴィは全治8週間?こうなりゃさらなる若返りで豊川に頑張ってもらわんと。浦和はマリノス、ガンバ、グランパス、鳥栖を残しており、場合によってはもつれる展開。我が鹿島は新潟、セレッソ、鳥栖。全部勝つのが絶対条件だけど難しそうだ。ついでだが今年は降格争いもしびれる戦いが多い。オリジナル10を死守出来るのか清水エスパルス。おそらくセレッソ大阪VS大宮アルディージャ戦が肝になって来そうだ。

いよいよ11月が見えてきた(。-_-。) すっかり朝の冷え込みがきつくなって来て、「まさか今年もドカ雪なんて事ないだろうね?」なんて話題も出て来てるし、ホームセンターのチラシには雪かき用のスコップが「備えあれば……」と載っけてある。長靴と合わせて一個くらいは雪かきセット必要?と思案中だ(^_−)−☆

雑感(2014年10月27日) [なんか良いことないかな~]

季節の変わり目なのか、少し身体がだるいのが気になる(^_^*) 歩き過ぎ?まさかね(^_^)

日曜日は今年最後の月例競技会に参加し3アンダーで午前中を終え「今日は優勝に絡むんじゃねぇ〜の!」と良い感じで回ってたのもつかの間、ティーショットした際に右足がズルっと滑った感じでミスショット。「なんだ?」と足元見るとワイヤーが緩んでる。2年前くらいに購入したboaシステム採用のアディダスシューズ。靴紐がワイヤーになっててクルクルダイアル回して締めるタイプなんだけどジョグダイアルがバカになったわけですな。こうなると、どうにもならず。紐が切れたのなら、なんとか詰めてプレーも可能だが、締めようが無く(>_<) まして右足の蹴り脚側。歩くんだってブカブカで、もはや右足だけサンダル状態でプレーにならず。全くの想定外のトラブルで……このタイプの靴は考えモノですな。

ショップに持ち込んで修理が効くのか問い合わせたら、メーカーに聞いてみなきゃわからないが、一体型なのでその部分だけを交換は無理な様子。対応してくれた担当者の口からは「修理と云うより今のタイプに修理名目で差額分支払っていただく形になるかも」との事だった。確かに言われてみれば修理は無理そうな気もする。ただ、これって耐久性にメッチャ問題あるんじゃねぇ〜の?と云う疑問があって、担当者もオイラの顔色見たのか「無償修理対応で掛け合ってみます?」と聞くので「出来ればお願いします」と答えておいた。さて、どうなりますか( ̄(工) ̄)

先日、ニューヨークで医師がエボラ出血熱に感染したとニュース報道されてて「これって感染爆発の第一歩?」と嫌な感じがしたのだが、昨日は羽田でリベリア帰りのジャーナリストが熱発して病院に緊急搬送されたようだ。明日には結果が出るようだけど、何事も無いことを祈るばかりで。もちろん体液に触れなければ感染することは無いらしいけど、いつどこで何が起こるかわからんしね(。-_-。) 厄介ですわ。

同じく厄介なのはイスラム国?カナダでの国会議事堂での乱射事件、犯人はその場で射殺されたようだけど全容が見えないのでおっかない。シリア空爆に参加したアメリカイギリスフランス、ドイツ、カナダ、オーストラリア、トルコ、イタリア、ポーランド、デンマークは当然テロの標的に入っているのかもしれないけど、日本だって北大のあんちゃんがイスラム国に渡航しようとしてたわけでね。2,3日前にオウム真理教の残党で「ああ言えば上祐」を久々にTVで見て、何やら違和感を覚えて。

政治は政治で安倍内閣も第一次の時と同様に閣僚の辞職連鎖が始まりつつある。目玉だったはずの女性閣僚が全くつまらん話で同日辞職。女性としての細やかさや思いやりの部分に、ちょっとは期待したが、御二方とも政治とカネでの辞任。残念と云うか、今の時代に未だに杜撰などんぶり勘定に「何が悪いの?」感が見え隠れする意識の低さ。「粗にして野だが、卑ではない」国鉄総裁の石田禮助の言葉だが、綺麗事で政治は行えないとわかってはいるが、そう開き直る根性が卑しいのだ。代わりに入閣したおっさんもしょうもない感じで、あれも辞めさせられなきゃ良いけど。アベノミクスも消費増税の駆け込み需要をピークに4月以降一気に落ち込んで、そのうち戻るなんて予測をよそに、年末商戦も財布の紐は固く更に落ち込む気配で。この状態で次なる消費増税をどう考えるのか?安倍さん、またお腹痛くなるんじゃないかと余計な心配してしまいますな(^_−)−☆

疲れが貯まってました(−_−;) [詩・本]

17日は同僚の送別会で、やたらと呑んで大騒ぎして…どうやって帰り着いたんだか?17日の万歩計見ると13kmほど歩いてるので、あっちこっちうろついたのはわかるけど(>_<) 土曜日は二日酔いだけど散歩だけは実施。帰宅して気持ち悪くって寝てた。日曜日は支店のゴルフコンペ!朝から缶チューハイ飲みながらのプレー(^.^)
ゴルフデビューの子の面倒見つつ、ノンビリ?とゴルフ(大笑いしながらだけど他のプレーヤーに迷惑の掛からぬよう気を使いつつ歩いた距離は8.2km、20日は期初の決起集会と称し飲み会。イシダイの刺身にカマ焼き、熱燗でガブガブ呑んで、これまた前後不覚。この日も11.5kmだから、雨降りだっちゅうのにフラついてたわけだ(。-_-。) そんなわけで昨日は早めに帰宅し、ゆっくり入浴して9時には布団に入る。

寝るまで読書だと以前購入した「業政駆ける」火坂雅志に取り掛かる。武田信玄に「業正ひとりが上野にいる限り、上野を攻め取ることはできぬ」と言わせた漢!長野業正、群馬は上野(こうずけ)の国!箕輪城城主。今の群馬県高崎市。榛名山の麓あたりなのかな。配下に新陰流開祖、上泉信綱と云う剣の達人を従え、上野の国の盟主として、国を民を守り抜いた武将!上杉謙信を味方に、真田幸村の祖父真田幸隆との友情、武田信玄との戦い、と面白くなってきたところで目が閉じた(-_-)zzz

今朝4時に起床し雨降りを確認。散歩を諦め、昨晩の続きで本を読み始めた。7時半に読破!まぁ群馬が舞台だと見知った場所が多く登場するんで面白く読めましたわ(^_^)

流石に酒の飲み過ぎだと感じております!ちょびっと抑えにゃならんとですが、来週も送別会やもんなぁ(^_−)−☆

雑感(10月13日) [なんか良いことないかな~]

ご無沙汰ですm(_ _)m

先週月曜日に台風の影響で、あわや遅刻しそうになったけど、何故だか風に強い東北新幹線に救われた(^.^) それでも中部、関西の新幹線組と北海道の飛行機組は初日間に合わず。まぁ飛行機は飛ばなきゃどうしようもないしね。やっぱ万が一を考慮して前乗りするのがベターだったんじゃないのかな。逆の発想でいけば「台風来てるんだからいっその事中止しろよ!」って事もあるのかもしれんけどね(^.^)

その日は、午後一から定時まで勤め、夕食を兼ねて昔懐かしい食堂でのお疲れ様会。4年半ぶりにママさん等みたけど、お元気そうで何より(*^o^*) その日は焼酎飲み切ってチャーハン食べて終了。翌日はほぼ全員が揃い、より内容が濃くなる。駆け足で常に頭を使わされるので息が抜けない。バタバタして定時。宿舎に戻り、いつもの面子でいつもの場所へ。この日は飲み過ぎた(>_<) 「キャンタマ袋が…どうだとか、セクハラって、どの辺までがアウトか?」とかオッサン4人で盛り上がった。実に幼稚な集団だけど何十年も変わらんと言うのも、有る意味立派か?( ^ω^ )

何本飲んだのか、いくら支払ったのかもわからんけど宿舎に戻って談話室で教育参加者に遭遇したのが良かったか悪かったか、そこでも下ネタで盛り上がっとったらしい。翌日は毎度のことだが二日酔い!朝飯食べて消化促進させ二日酔いからの脱却を目指したが若干優れず、時間による解決待ちするっきゃないでしょう(^.^) なんとか一日を乗り切って、夜は最後の晩餐( ^ω^ ) またしても、どうでも良い話ばかりで、ビッグダディが40代とは知らんかった。よくもまぁ似たような相手と出会うもんだと感心したのも事実。無類の何とか好きなのだろう。ふと堀ちえみの名前が浮かんだが、ああいう連中でもコメンテーターが務まるのだから、世の中平和なんじゃろう。

翌日は2時過ぎまで受講し前後期合わせて8日間に渡る教育も終了!これで終わりならば良いのだが、ここからが本番!ふんどしはしとりませんが締め直さんといかんね(^.^) 翌日が提出期限の業務があったので、その日のうちに帰社し溜まった業務を21時まで。金曜は疲れが出たのか早めに帰宅し就寝。土曜日は飲み屋のゴルフコンペに参加。オイラが参加資格有るんかどうか疑問やけど同僚合わせて8名が通っとる店なので、一人ぐらい見知らん奴がおっても大丈夫じゃろう。結果12位!新ペリアで上手くはまらんかったけど参加賞で肉貰ったから良しとするべ(^_^) 結局同僚3人が上位5名に食い込んだものの優勝は無し。飲み屋のコンペは酒がタダ(実質金払っとりますけどね)と言うのが一番嬉しい。浅ましさゆえ、つい飲み過ぎてしまう自分が大好きだ(*^o^*)

表彰式を終え、外に出ると祭りの後片付けに遭遇。金曜夜から前橋祭りで盛り上がってたようだ。オイラも既に20年以上前橋にいるのだが、実は一度も参加した事もないので何の祭りかは知らんのです。屋台の通りを抜け、ウーロン茶で表彰式に参加しとった同僚に送ってもらい帰宅。かれの場合、酒を飲まんのだから優勝でもして豪華賞品でも当たらんと参加費が高過ぎるって話なんだけどね( ^ω^ ) 翌日は自宅から会社まで散歩!4.1km、大した距離でもないなと思えるようになって来た自分に少し驚いた。それにしてもTシャツ姿の若者が店の前で腕を組んで道路に寝てた。寒くなくて何よりだけど、いつから寝てるんだか?反対側を若いお姉ちゃんが、どう見ても「眠っとらんだろう」と言う顔で歩いてた。祭りが若者のガス抜きになっているのか?「微妙だ」。駐車場から自分の車を自宅に持ち帰る。その日は、日がな一日ゴロゴロして過ごす。

日曜は仕事で缶詰。連休最終日の今日は台風の影響でまたしても雨!各地で運動会は流れたようだ。2週連続での台風上陸。これまた何十年ぶりのような話らしい。関東地方は明日が本番か。なんにせよニュースで「甚大な被害が出てます」とか聞こえて来なきゃ良いけどね。

今日は朝から床屋さんに出かけた。前回の格安店は3名いて全員がマスク。腕はそれなりの感じがしたんだけど顔が見えないのと、不潔さが若干感じられたので同じ格安店でも以前から気になっていた店に行って見ることにした。入店してみるとカットする椅子が5席?運が良かったのか、直ぐ呼び込まれて3種類の料金設定から選ぶよう指示され、一番安いのを注文。税込で2150円、髭剃りはないのだが、カットとシャンプーと襟の仕上げはしてくれるので御の字。全員マスクはしとらんし挨拶は大きな声でありがとうございますの声も忘れない。オイラの入店後も引っ切り無しに客は来るし、流行っとるのは間違いない。料金支払った際に飴玉3個頂戴した。いつもの店だと2個、前回の店は飴玉無し!些細な出来事だけど、次もここで良いや(*^o^*)

そのままの足でゴルフの打ちっぱなしへ。台風来とるちゅうのに練習しとる奴は多い。オイラも人には言えんけどね( ^ω^ )

この一週間で歩いた距離は出張してた割りには57250歩(43km) 。体重は全然減らんけど継続出来とるので良しとしましょう。明日の朝は台風次第じゃけどカッパ着て歩く予定(足元だけが防水ではないので、ちょっと嫌ですけど)。台風も義理堅く本土をゆっくりと北上しとるようだけど、本当に被害は少なめでお願いしたいもんですわ。


雑感(10月6日) [なんか良いことないかな~]

今朝も雨!5時だけど外は真っ暗。室内の温度は22度、パンツ一丁じゃ肌寒いかもね(^.^) TVはどこ回しても台風情報ばかり。今日から4日間、今さら教育するんかい?てな感じだけど御指名とあれば仕方ねぇ(^.^)

凱旋門賞!日本人の騎手で3頭出し。詳しい事情はわからんけど騎乗を断られたのかな?オイラの中では、エルコンドルパサーで勝てなかったのが一番惜しかったかな。オルフェーヴルも強い馬だったけど、今回の馬は彼らに比べれば格落ちは否めず。まぁ、いつかは日本人でのチャレンジは必要なので、大舞台で経験詰めただけでも御の字か。

女の子のお父さんが亡くなったらしい。先月「人を殺すわが子に親ができること」と題する柳田国男さんの記事を目にしたが、嫌なタイトルだ。親は生まれた時から親ではない。子供が15歳ならば親も15歳なのだ。答えのない勉強かもしれんけど、ただ寄り添って欲しかった…

昨日は小雨がポツポツ!とりあえずカッパの上だけ着込んで表に出る。この一週間で歩いたのは66000歩、49.7km。痩せる雰囲気は全然無いが、気のせいかもしれんけど意外とゴルフの飛距離が延びたようなのだ(^.^) 本当に気のせいかもしれんけどね。毎朝6kmほど歩くのだが、背中がうっすらと汗ばむ。帰宅してふくらはぎを伸ばす。ストレッチは痛気持ちいい(^_^) この間、植えた青森ニンニクの芽が出て来てた。なかなか芽が出ずに心配してたけど、ひと安心だ。全部食える時期が待ち遠しい( ^ω^ )

先日BSで「雨あがる」が放映されてた。ミレニアムの年の上映?寺尾聡さんと宮崎美子さん。たくさん賞を受賞した作品だった事は知ってたけど映画館には出掛けなかった。黒パンのプロデュースと云うのが行かなかった一因かもね(^.^)

超腕利きだが、心やさしき浪人三沢伊兵衛(寺尾聡)と、その妻たよ(宮崎美子)。散歩の帰り道、決闘の仲裁で見せた腕前のすばらしさに城主永井和泉守(三船史郎)が一目惚れ。是非剣術指南役にと望まれるのだが。

良い映画ですわ(^_^)

ーこれだけ立派な腕を持ちながらその力で出世することができない、なんという妙なまわりあわせでしょう、なんというおかしな世間なのでしょう。 
彼女はそう思う一方、ふと微笑を誘われるのであった。
ーでもわたくし、このままでもようございますわ、他人を押しのけず他人の席を奪わず、貧しいけれど真実な方たちに混じって、機会さえあればみんなに喜びや望みをお与えなさる、このままの貴方も立派ですわ。
こう云いたい気持ちで、しかし口には出さず、ときどきそっと良人の顔をぬすみ見ながら、おたよは軽い足取りで歩いていった。

映画のエンディングで二人が山道を登り切ると二人の眼前に素晴らしい景色が広がる。嫁さんに申し訳ない気持ちで一杯だった伊兵衛は
「やあこれは、これは素晴らしい、ごらんよあれを、なんて美しい眺めだろう」
「まあ本当に、本当にきれいですこと」
「どうです、躰じゅうが勇みたちますよね、ええ」
彼はまるい顔をにこにこと崩し、少年のように活き活きとした光でその眼をいっぱいにした。早くもその眺望の中に、新しい生活と新しい希望を空想し始めたとみえる。
「ねえ元気を出して下さい、元気になりましょう」
妻に向かって熱心にそう云った。
「ーあそこに見えるのは十万五千石の城下ですよ、土地は繁昌で有名だし、なにしろ十万五千石ですからね、ひとつこんどこそ、と云ってもいいと思うんだが、元気をだしてゆきましょう」
「わたくし元気ですわ」
おたよは明るく笑って、いたわるように良人を見上げながら、巧みに彼の口まねをした。
「と云ってもいいと思いますわ」
山本周五郎著「雨あがる」より

掛け試合をした事が武士にあるまじき行為、よって指南役の話はなかったものと申し渡す家老に、おたよがたまらず
「掛け試合をしたことが大切ではなく、何のために掛け試合をしたかが大切だ。その意味はあなた達木偶の坊(でくのぼう)には分からないだろう」と…
このセリフ、小説とはちと違うが良い台詞だ。

ついでに「紅梅月毛」を読み直す。うるっと来た(^_−)−☆

そろそろ出かける準備しなきゃだな。電車だけは動いてくれよ(^_^)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。